音楽教室向けホームページ講座第4回目。 

  第4回のテーマは

  「項目を決めよう」

  です。

  第3回まではホームページの見えない部分の設定をやってきましたが、ここからは実際に見える部分の作り方についてになります。

  今回考えていく「項目」は、「トップページに載せていく項目」です。

  やり方としては、検索順位が上がっているホームページの真似をしていくのがいいですよ。

  理由は、

  「検索順位が上がっているサイトはGoogleから評価される作りになっているから」

  です。

  僕の作っている音楽教室のホームページの検索順位は大体1ページ目に上がっているので、今回は僕の作っているものを参考にして説明していきますね。

  僕の作っているホームページのトップページの項目は、上から、

1、教室紹介
2、教室の特徴
3、プロフィール
4、料金と開講時間
5、アクセス
6、体験レッスン

  こんな項目で作るようにしています。

なので、自然にトップページのボリューム(内容)は大きくなっています。

この流れにしている理由はいくつかありますが、一番大きな理由は、

「ホームページで検索キーワード(質問)に答えるため」

です。

例えば、「〇〇市 ピアノ教室」で検索する方は、「〇〇市のピアノ教室について教えてください」とヤフーやグーグルに質問しています。

あなたがこんな質問を受けた場合、

・〇〇市には〇〇ピアノ教室があります
・教室はこんな感じの教室です(教室紹介)
・その教室にはこんな特徴があります(教室の特徴)
・先生はこんな感じです(プロフィール)
・レッスン料とレッスンをしている時間帯はこんな感じです(レッスン料金と開講時間)
・場所はこのあたりみたいです(アクセス)
・体験レッスンもやっているみたいですよ(体験レッスン)
・一度連絡してみたらどうですか?(問い合わせ方法)

みたいに答えますよね?

Googleのような検索エンジンは、ユーザーが知りたい情報にマッチしたサイトを表示するものだと思っているので、検索キーワード(質問)に答えるような流れのホームページにしています。

ホームぺージで検索順位を上げるためには、検索キーワード(質問)に答える流れで項目を作っていくことが大切

このあたりはいろんな考え方がありますけれど、僕の場合は実際にこの流れでホームページを作って検索順位を1ページ目に上げています。

ひとまずの方法として、

1、教室紹介
2、教室の特徴
3、プロフィール
4、料金と開講時間
5、アクセス
6、体験レッスン

この流れを参考にしてみてくださいね。

次回の第5回目は「見出しタグ(h1など)を使おう」です。



音楽教室向けホームページ講座第4回目。 

  第4回のテーマは

  「項目を決めよう」

  です。

  第3回まではホームページの見えない部分の設定をやってきましたが、ここからは実際に見える部分の作り方についてになります。

  今回考えていく「項目」は、「トップページに載せていく項目」です。

  やり方としては、検索順位が上がっているホームページの真似をしていくのがいいですよ。

  理由は、

  「検索順位が上がっているサイトはGoogleから評価される作りになっているから」

  です。

  僕の作っている音楽教室のホームページの検索順位は大体1ページ目に上がっているので、今回は僕の作っているものを参考にして説明していきますね。

  僕の作っているホームページのトップページの項目は、上から、

1、教室紹介
2、教室の特徴
3、プロフィール
4、料金と開講時間
5、アクセス
6、体験レッスン

  こんな項目で作るようにしています。

なので、自然にトップページのボリューム(内容)は大きくなっています。

この流れにしている理由はいくつかありますが、一番大きな理由は、

「ホームページで検索キーワード(質問)に答えるため」

です。

例えば、「〇〇市 ピアノ教室」で検索する方は、「〇〇市のピアノ教室について教えてください」とヤフーやグーグルに質問しています。

あなたがこんな質問を受けた場合、

・〇〇市には〇〇ピアノ教室があります
・教室はこんな感じの教室です(教室紹介)
・その教室にはこんな特徴があります(教室の特徴)
・先生はこんな感じです(プロフィール)
・レッスン料とレッスンをしている時間帯はこんな感じです(レッスン料金と開講時間)
・場所はこのあたりみたいです(アクセス)
・体験レッスンもやっているみたいですよ(体験レッスン)
・一度連絡してみたらどうですか?(問い合わせ方法)

みたいに答えますよね?

Googleのような検索エンジンは、ユーザーが知りたい情報にマッチしたサイトを表示するものだと思っているので、検索キーワード(質問)に答えるような流れのホームページにしています。

ホームぺージで検索順位を上げるためには、検索キーワード(質問)に答える流れで項目を作っていくことが大切

このあたりはいろんな考え方がありますけれど、僕の場合は実際にこの流れでホームページを作って検索順位を1ページ目に上げています。

ひとまずの方法として、

1、教室紹介
2、教室の特徴
3、プロフィール
4、料金と開講時間
5、アクセス
6、体験レッスン

この流れを参考にしてみてくださいね。

次回の第5回目は「見出しタグ(h1など)を使おう」です。

Copyright (C) 2021
小林聡フルート教室
All Rights Reserved.