音楽教室向けホームページ講座第5回目。

   第5回のテーマは

  「見出しタグ(h1など)を使おう」

  です。

この前無料診断をさせて頂いたホームページを見ていても、見出しタグ(h1など)  を使っていない方はわりと多かったです。

でも、検索順位を上げるためには必要な項目なので、しっかり使っておきましょうね。

使い方は、第4回の時に決めた項目に使っていきましょう。

項目の流れは、

1、教室紹介
2、教室の特徴
3、プロフィール
4、料金と開講時間
5、アクセス
6、体験レッスン

こんな感じでしたね。

どこにどの見出しタグを使うかですが、僕の場合は、

教室紹介・・・見出し1(h1)
それ以外・・・見出し2(h2)

の見出しタグを使うようにしています。

見出しタグ(h1など)は、数字が少ない方が重要になるので、見出し1(h1)が一番重要になります。

まず見出しタグ1ですが、必ずキーワードを入れて作るようにしています。

キーワードは第1回の時にお伝えしましたが、「地名」「〇〇教室(〇〇は楽器名)」でしたね。

この2つを入れて見出し1(h1)を作りましょう。

僕の場合は、

「浜松市南区の小林聡フルート教室です」

にしてあります。

これはタイトルの時と同じで、難しく考えずに地名と教室名を入れてあげればOKです。

それ以外の見出し2(h2)は、特にキーワードなどは意識せずに、

・教室の特徴
・プロフィール
・料金と開講時間
・アクセス
・体験レッスン

これをそのまま見出し2にしています。

検索順位を上げるのが難しいジャンルのホームページを作る時はすべてキーワードを意識して作るようにしていますが、音楽教室の場合はh1にキーワードが入っていれば大丈夫です。

使っているホームページ作成サービスによって、名前が「見出し1」のように日本語になっていたり、「h1」のようになっていたりしますので、ご自分が使っているサービスでどれになっているのかを確認して使ってみてくださいね。

見出しタグ1(h1)はキーワードを入れて作る。見出しタグ2(h2)はキーワードは入れなくてもOK

  こんな感じで、項目の見出しを設定してみてくださいね。

次回第6回目は「文章を作ろう」です。



音楽教室向けホームページ講座第5回目。

第5回のテーマは

「見出しタグ(h1など)を使おう」

です。

この前無料診断をさせて頂いたホームページを見ていても、見出しタグ(h1など)  を使っていない方はわりと多かったです。

でも、検索順位を上げるためには必要な項目なので、しっかり使っておきましょうね。

使い方は、第4回の時に決めた項目に使っていきましょう。

項目の流れは、

1、教室紹介
2、教室の特徴
3、プロフィール
4、料金と開講時間
5、アクセス
6、体験レッスン

こんな感じでしたね。

どこにどの見出しタグを使うかですが、僕の場合は、

教室紹介・・・見出し1(h1)
それ以外・・・見出し2(h2)

の見出しタグを使うようにしています。

見出しタグ(h1など)は、数字が少ない方が重要になるので、見出し1(h1)が一番重要になります。

まず見出しタグ1ですが、必ずキーワードを入れて作るようにしています。

キーワードは第1回の時にお伝えしましたが、「地名」「〇〇教室(〇〇は楽器名)」でしたね。

この2つを入れて見出し1(h1)を作りましょう。

僕の場合は、

「浜松市南区の小林聡フルート教室です」

にしてあります。

これはタイトルの時と同じで、難しく考えずに地名と教室名を入れてあげればOKです。

それ以外の見出し2(h2)は、特にキーワードなどは意識せずに、

・教室の特徴
・プロフィール
・料金と開講時間
・アクセス
・体験レッスン

これをそのまま見出し2にしています。

検索順位を上げるのが難しいジャンルのホームページを作る時はすべてキーワードを意識して作るようにしていますが、音楽教室の場合はh1にキーワードが入っていれば大丈夫です。

使っているホームページ作成サービスによって、名前が「見出し1」のように日本語になっていたり、「h1」のようになっていたりしますので、ご自分が使っているサービスでどれになっているのかを確認して使ってみてくださいね。

見出しタグ1(h1)はキーワードを入れて作る。見出しタグ2(h2)はキーワードは入れなくてもOK

  こんな感じで、項目の見出しを設定してみてくださいね。

次回第6回目は「文章を作ろう」です。

Copyright (C) 2021
小林聡フルート教室
All Rights Reserved.