音楽教室向けホームページ講座第6回目。 

  第6回のテーマは、

「文章を作ろう」

です。 第4回の時にトップページの項目の流れについてご説明しました。

その時の流れは、

1、教室紹介
2、教室の特徴
3、プロフィール
4、料金と開講時間
5、アクセス
6、体験レッスン

でしたね。

文章を作る時に重要になるのは、

1、教室紹介
2、教室の特徴

この2つの項目になります。

今回は、教室紹介の文章を例にしていきたいと思います。

ホームぺージの文章を作る時のポイントは、

「検索してほしいキーワードについて説明をしていくこと」

です。

例えば、ピアノ教室の場合だと、

「〇〇市 ピアノ教室」

の他に、

「〇〇市 ピアノ教室 子供」
「〇〇市 ピアノ教室 幼児」
「〇〇市 ピアノ教室 小学生」
「〇〇市 ピアノ教室 楽譜読めない」
「〇〇市 ピアノ教室 初心者」
「〇〇市 ピアノ教室 幼稚園の先生」
「〇〇市 ピアノ教室 保育士」

など、細かく考えていくと色々とありますよね?

なので、このあたりのことについて、キーワード(言葉)を入れながら説明していきます。

例えば、

========
〇〇ピアノ教室は、〇〇市〇〇町にあるピアノ教室です。
ピアノ教室では、ピアノをこれから始める子供から幼稚園の先生・保育士を目指している学生の方やお仕事にされている方まで、色々な方がレッスンに通われています。
これから初めてピアノを始める幼児のレッスンでは、歌や音遊びをしながら音楽に親しんでいきます。
楽譜もレッスンの中で楽しみながら読めるようになっていくので、楽譜が読めなくても安心してレッスンに通って頂くことができます。
小学生のレッスンでは、基本的な楽譜の読み方からピアノの弾き方、表現方法まで、より幅広いレッスンを行っています。
また、発表会だけでなく、グレード試験やコンクールなどにも挑戦することで、目標に向かって頑張る気持ちも育っていきます。
幼稚園の先生・保育士を目指す方にはレベルに応じたレッスンを行っています。
ピアノの経験がなくピアノを弾くことに不安を感じている初心者の方でも、安心してください。
また、すでに現場で働いている幼稚園の先生・保育士の方には、 現場で役に立つテクニックを交えながらのレッスンを行っています。
現場での悩みに合わせたレッスンも可能ですので、一度ご相談いただければと思います。
〇〇ピアノ教室は体験レッスンも行っていますので、まずは一度お気軽に体験レッスンにお申込みください。
========

こんな感じで文章を作っていきます。

【※この文章をコピペしてご自分の教室のホームページには使わないようにしてください。何人かの方がそれをしてしまうとミラーサイト(内容が同じようなサイト)とみなされてグーグルからペナルティを受ける可能性があります。この文章を使う場合は、この文章を元にしてご自分オリジナルの文章を作るようにしてください。】

今10分くらいで作った簡単な文章ですが、文章を読んでいただくと決めたキーワードがすべて入っているのが分かると思います。

これは問い合わせの成約率にもつながっていきますが、検索結果に細かいキーワードで表示されるためにはとても重要なことなんですね。

文章は検索されたいキーワードを入れながら作る

これはとても重要なことなので、必ず意識してやるようにしましょう。

次回第7回は、僕のフルート教室のホームページをサンプルにして、実際にどんな文章でホームページを作るとどんなキーワードで表示されているのかを、実例を紹介しながら説明していこうと思います。



音楽教室向けホームページ講座第6回目。 

  第6回のテーマは、

「文章を作ろう」

です。 第4回の時にトップページの項目の流れについてご説明しました。

その時の流れは、

1、教室紹介
2、教室の特徴
3、プロフィール
4、料金と開講時間
5、アクセス
6、体験レッスン

でしたね。

文章を作る時に重要になるのは、

1、教室紹介
2、教室の特徴

この2つの項目になります。

今回は、教室紹介の文章を例にしていきたいと思います。

ホームぺージの文章を作る時のポイントは、

「検索してほしいキーワードについて説明をしていくこと」

です。

例えば、ピアノ教室の場合だと、

「〇〇市 ピアノ教室」

の他に、

「〇〇市 ピアノ教室 子供」
「〇〇市 ピアノ教室 幼児」
「〇〇市 ピアノ教室 小学生」
「〇〇市 ピアノ教室 楽譜読めない」
「〇〇市 ピアノ教室 初心者」
「〇〇市 ピアノ教室 幼稚園の先生」
「〇〇市 ピアノ教室 保育士」

など、細かく考えていくと色々とありますよね?

なので、このあたりのことについて、キーワード(言葉)を入れながら説明していきます。

例えば、

========
〇〇ピアノ教室は、〇〇市〇〇町にあるピアノ教室です。
ピアノ教室では、ピアノをこれから始める子供から幼稚園の先生・保育士を目指している学生の方やお仕事にされている方まで、色々な方がレッスンに通われています。
これから初めてピアノを始める幼児のレッスンでは、歌や音遊びをしながら音楽に親しんでいきます。
楽譜もレッスンの中で楽しみながら読めるようになっていくので、楽譜が読めなくても安心してレッスンに通って頂くことができます。
小学生のレッスンでは、基本的な楽譜の読み方からピアノの弾き方、表現方法まで、より幅広いレッスンを行っています。
また、発表会だけでなく、グレード試験やコンクールなどにも挑戦することで、目標に向かって頑張る気持ちも育っていきます。
幼稚園の先生・保育士を目指す方にはレベルに応じたレッスンを行っています。
ピアノの経験がなくピアノを弾くことに不安を感じている初心者の方でも、安心してください。
また、すでに現場で働いている幼稚園の先生・保育士の方には、 現場で役に立つテクニックを交えながらのレッスンを行っています。
現場での悩みに合わせたレッスンも可能ですので、一度ご相談いただければと思います。
〇〇ピアノ教室は体験レッスンも行っていますので、まずは一度お気軽に体験レッスンにお申込みください。
========

こんな感じで文章を作っていきます。

【※この文章をコピペしてご自分の教室のホームページには使わないようにしてください。何人かの方がそれをしてしまうとミラーサイト(内容が同じようなサイト)とみなされてグーグルからペナルティを受ける可能性があります。この文章を使う場合は、この文章を元にしてご自分オリジナルの文章を作るようにしてください。】

今10分くらいで作った簡単な文章ですが、文章を読んでいただくと決めたキーワードがすべて入っているのが分かると思います。

これは問い合わせの成約率にもつながっていきますが、検索結果に細かいキーワードで表示されるためにはとても重要なことなんですね。

文章は検索されたいキーワードを入れながら作る

これはとても重要なことなので、必ず意識してやるようにしましょう。

次回第7回は、僕のフルート教室のホームページをサンプルにして、実際にどんな文章でホームページを作るとどんなキーワードで表示されているのかを、実例を紹介しながら説明していこうと思います。

Copyright (C) 2021
小林聡フルート教室
All Rights Reserved.